谷澤智文 SLEEPERS FILM/スリーパーズフィルム

谷澤智文"つづき夢のつづき"

都心から少し離れたこの街には、江戸時代より続く宿場町としての優しさが、当たり前のように息吹いている。
古い建物が立ち並ぶ住宅の中にひっそりと佇む仏閣。
近くの住民たちは、お花を捧げ、合わせた手に、在りし日への、あるいはある人への想いを馳せる。
毎日のお祈りが込められている本堂で、彼らは静かに演奏を始めた。
ひとつひとつの言葉を大事に紡いで歌う傍らで、スティールパンとヘボロが音楽を導いていく。
我々が過ごすこの日常は、時代を経て紡がれた夢の続きの景色かもしれない。

from album「ぼくらはみんなスペーシー」by 谷澤智文. Created by SLEEPERS

谷澤智文"明日天気になあれ"

1月下旬、春の気配を感じた暖かくて穏やかな日。
関東平野の水田が広がる一帯にポツンと、廃墟となった小屋があった。
遥か遠くカリブ海からやってきたスティールパンを操るトンチと、ブラジルからやってきたパンデイロを操る柳元武司。
地球の裏側では、お祭りに欠かせないとされているこの2つの楽器と、天性のお祭り男谷澤のギターがあわさって、抜けるような青天を祝福するかのように、軽やかな音楽を奏でている。
この三人にかかれば、草臥れた犬小屋の屋根さえも、たちまち打楽器へと変わってしまう。
楽しげな音につられ、住民たちもふらりと遊びに来た。
そして我々は、太陽の熱を存分に浴びた真冬の風に吹かれながら、明日天気になあれと目を合わせ笑いあった。

from album「ぼくらはみんなスペーシー」by 谷澤智文. Created by SLEEPERS

タニザワトモフミ"気まぐれな恋人"

夕食の時間。今夜は、お好み焼き!厨房とテーブルでは次々にふわふわのお好み焼きが作られ、
ちょっとほろ酔いのタニザワはギターを取って歌い始めた。
伸びやかで気持ちの良いコーラスが加わり、軽快な歌に客も思い思いその時間を楽しんでいる。つい、笑みがこぼれる。
音楽はこんなにも人を楽しませてくれるものなのか!と幸せな気分になりながら、人情味溢れる映像に、人恋しくなってしまいそうだ。

from album「オートバイ少年」by タニザワトモフミ. Created by SLEEPERS

タニザワトモフミ"きみにとどけ"

“風来坊”の演奏が終わり、茜色の夕日がゆっくり暮れ空には月が出てきた。
歩いていると、向こうの方でなんだか楽しそうな声がする。
目をやると、そこには広い公園一面で学生たちが放課後のスポーツに明け暮れていた。
ベンチに佇み、灯りに照らされ光と影のその中で、せつなく力強い歌声に乗せた真っ直ぐな想い。
たまに振り返る学生たちのように、あなたにも届きますように。

from single「きみにとどけ」, album「まぼろし時計」by タニザワトモフミ. Created by SLEEPERS

タニザワトモフミ"風来坊"

銀色の静かな建物に、夜を待つ木々達。
外では慌しい人々の生活が流れている。 それを映すことによって、よりこの空間の静寂が浮かび上がり、
その中で遥か遠くを見据え響きわたる歌に
ずっと隣に居るあなたは、込み上げてくる感情を抑えきれなくなるだろう。

from album「まぼろし時計」by タニザワトモフミ. Created by SLEEPERS
thanks : 味三

タニザワトモフミlive

Created by SLEEPERS

谷澤智文

2012年、世界放浪の旅へ。365日で35か国94の街を巡り、帰国。2014年、旅の間書き溜めた曲を元に、奇妙奇天烈摩訶不思議奇想天外バンド・プロジェクト「SPACE LIKE CARNIVAL」結成。バンド名義では谷澤地球と名乗り、作詞・作曲・歌・ギター・ノイズ・MPCを担当。2015年10月2日、満を持してSPACE LIKE CARNIVAL解散。2016年3月9日、1stフルアルバム『ぼくらはみんなスペーシー』リリース。谷澤農園と銘打ち、ライブの物販で自身が育てた採れたて野菜を販売したりしている。「マンガ大賞」選考員という顔を持ち、自宅には5千冊を超える漫画が壁となっている。過去、タニザワトモフミというカタカナの名義で音楽活動をしていた。

tnzwtmfm.net