宮内優里 SLEEPERS FILM/スリーパーズフィルム

宮内優里"fida_"

from album「トーンアフタートーン」by 宮内優里. Created by SLEEPERS

宮内優里"axi_"

from album「ワーキングホリデー」by 宮内優里. Created by SLEEPERS

宮内優里"okt_"

from album「ワーキングホリデー」by 宮内優里. Created by SLEEPERS

宮内優里live

Created by SLEEPERS

宮内優里 & Ametsublive

Created by SLEEPERS

宮内 優里

音楽家。1983年、和太鼓奏者の父とジャズシンガーの母のもとに生まれる。『parcage』(2006年)、『farcus』(2007年)、『toparch』(2010年)をRallye Labelよりリリース。最新作は、高橋幸宏、原田知世、星野源、It's a musical、マモル、Faded Paper Figuresが参加したことで話題の『ワーキングホリデー』を2011/7/20リリース。ライブではアコースティックギターを中心に様々な楽器の音をその場でサンプリングし、たった一人演奏する"音の実験室"ともいうべき空間を表現する。自身の活動以外では、pupa のリミックス作品への参加、TYTYT (高橋幸宏+宮内優里+高野寛+権藤知彦)としてDe La FANTASIA 2010、TOKYO M.A.P.Sに出演。海外アーティストi am robot and proudとのライブ/作品でのコラボレーション、映画、CMへの楽曲提供等、現在その活動の幅を広げている。

miyauchiyuri.com

Ametsub

東京を拠点に活動する音楽家。2009年にリリースし、昨今のシーンでは未だに異例のセールスを記録中、大きな話題を呼んでいる最新作"The Nothings of The North"は、坂本龍一の「2009年のベストディスク」に選出され、ドイツの老舗レーベルMille Plateauxから見事にライセンス・リリースが決定した。 ClammbonやTujiko Noriko等のリミックスを手掛け、Vladislav DelayやFennesz、AOKI takamasa、竹村延和、Jel(Anticon.)等との共演を重ね、Ovalやraster-noton来日時のDJも務める。 d.v.dやworld's end girlfriendなどで活躍するドラマーJimanicaとのコラボレーションも始まり、 Jimanica×Ametsub としてのミニアルバムが2007年にリリース。 初ライブではPARA、clammbon、toeと共演。 また、sonarsound Tokyo、Sense Of Wonder、渚音楽祭、Summer Sonic 09などの大型フェスティバルにも出演を果たし、2009年夏にはアイスランドでのライブも敢行。 新たに始まった音楽フェスティバル、De La Fantasiaでは、高橋幸宏や小山田圭吾(Cornelius)、Ryoji Ikeda、Carsten Nicolaiらと共演。そのライブは大きな反響を呼び、大型カウントダウンイベントへ、Mixmaster Morris やDJ Krushらと共に出演という成果を収める。 2011年春にはスペインのLEV Festivalに出演が決定し、 Apparat、Harmonic313、Photek、Johann Johannson、Jon Hopkinsらと共演。 暗く美しい唯一無二の世界観と、壮大な情景を描写する様な音楽性はアンダーグラウンドなファンから絶大な支持を仰ぎ、エレクトロニック・ミュージックの根底から決してブレる事のない姿勢は、大きな注目を集めている。

drizzlecat.org